建設情報化協議会 建設ポータルサイト
TOP 総合評価実践塾 協議会紹介 会員名簿 リンク お問合せ 会員専用
CPDS・CPD認定研修
研修一覧

オンラインセミナー【吉田講師Fコース4ユニット付与 現場技術者のための仮設構造物(山留め)の設計と施工】

研修内容

オンラインセミナー(ZOOM使用)
C P D S 認 定 講 習(4ユニット)・C P D 認 定 講 習(4単位)
全国土木施工管理技士会連合会CPDSの分類コードは以下の通りとなります
A分類:[211] 施工管理
B分類:[99] その他
形態コード:[101-1] 講習会、研修、技術指導、技術委員会、現場見学会、社内研修受講者・講師
ユニット数:4 unit
-----------------------------------------------------------------------------------------
【注意!】
・吉田講師セミナーはAコース・Bコース・Cコース・Dコース・Eコース・Fコース・Gコース・Hコースの8種類あります。
・各コースは各初回受講日から同一年度内に、同一講師の同一コースを2回以上受講いただいても初回受講分のみの単位付与になりますのでご注意ください。
<例> 2021年4月1日に吉田講師のAコースを受講した場合、2022年3月31日までの間に同じ吉田講師のAコースを2回以上受講しても1回目受講分のみの単位付与になります。
ただし、同一年度内に、吉田講師による他のコース(B・C・D・E・F・G・Hコース)を受講した場合は、各々に単位が付与されますが、単位付与についてはAコースの場合と同様です。
☆ 他の講師・コースも同様になりますので、ご注意・ご了承の上、お申込み・ご受講ください。
 受講料振込後のご返金は致しかねます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
・ユニットは当協議会が一括で代行付与申請作業を行います。
・通常、セミナー開催日翌日には皆様に付与されます。
・別途、セミナー受講証明書をご希望の方には、当協議会が作成のうえ発行も可能です。
・当セミナーは、空席がある場合は仕事のご都合が直前まで把握できない方も、前日もしくは開催日
 当日の急な参加受付が可能です。
 残席確認も含めて電話 03-6869-0586 まで是非お問い合わせ下さい。
-----------------------------------------------------------------------------------------
★★建設業セミナー開催実績・総受講者数ナンバーワン★★
 建設業の方々からセミナー内容・質・講師に信頼をいただき、2011年より継続し全国にて
セミナーを開催致しております。
セミナー受講前のご不明点やご質問等につきましては、以下メールアドレスへ
お気軽にお問い合わせください。
 問い合わせ先
 メール:sougoujuku@const-ic.com

実施項目

【吉田講Fコース4ユニット付与 現場技術者のための仮設構造物(山留め)の設計と施工】
 講演時間13:00〜17:00(240分・うち休憩30分→途中10分休憩を3回挟みます。)
 講師:一般社団法人 建設情報化協議会 最高顧問 吉田 信雄
 講師プロフィール
・建設マネージメントフォーラム幹事
・技術士(建設部門)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
はじめに
今回ここに「仮説構造物の設計と施工」をまとめるにあたり、できるだけ現場技術者に理解いただけることを念頭におきました。
そして現場において、設計照査にかかわれるようになることを目指しております。
昨今はほとんどの計算がソフトに頼っており、そのことには異論はありませんが現場の技術者たるものは
設計の趣旨の理解とソフトウェアを使って計算をする時にせめて入力した条件が現場に即したものであるか?
荷重のかかり方が大きく違っていないか?
気象条件により、設計の思想が大きく変化することがどのような時に起こるのかなど、最低限のことは理解する必要があります。
⇒危険予知(設計者として重要なこと)⇒想定外ではすまされません。
Fコースではこれらを学んでいただきたいと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
はじめに
1.設計に入る前の基礎知識
1.3 土の基本的性質
2.  土留め等の仮設構造物設計における基礎知識
2.1 土質の基礎
2.2 土質試験結果一覧表と土質分類
2.3 物理試験結果の見方
2.4 粘性土の強度試験結果の見方
2.5 N値と土質定数
3.  土留め(山留め)壁の設計法
4.  仮説構造物の設計
第1節 共通事項(標準)
1.定義
2.山留工法の選択
3.山留の設計手法
4.仮説構造物に用いる土質定数
5.荷重
6.設計計算に用いる物理定数
7.許容応力度
8.山留め工設計に関する一般事項
9.堀削底面の安定
第2節 慣用法による土留めの検討(標準)
1.親杭横矢板土留め(標準)
2.鋼矢板土留め(標準)
3.小規模土留め
第3節 弾塑性法による土留めの設計(標準)
1.設計の基本
2.根入れ長の決定
3.土留め壁の断面力および変形の算定
4.設計定数の設定
第5節 路面覆抗(標準)
1.定義
2.設計のための事前調査
3.各部の名称
4.荷重
5.覆工受桁
第6節 周辺への影響
1.周辺構造物へ与える要因
2.近接程度の判定
第7節 仮説構造物のトラブル事例と注意点

日程・詳細

研修名 オンラインセミナー【吉田講師Fコース4ユニット付与 現場技術者のための仮設構造物(山留め)の設計と施工】
開催日時 2021年8月19日(木)  13:00 〜 17:00
会場 オンラインセミナー
(ZOOM使用)
TEL : 03-6869-0586
CPDSユニット数/CPD単位 4
受講料 11,000 円/人 (消費税・資料代込み)
定員 【※2】 50 人
受付状態 受付終了
事前確認事項はこちら
このボタンをクリックして記載事項を必ずご確認ください

備考

CPD・CPDS単位取得ご希望の方でご不明点ございましたら、セミナーご参加前に必ず
当協議会までお問い合わせのうえご確認ください。
◇お問い合せやご質問はこちら
一般社団法人 建設情報化協議会
<メールアドレス> sougoujuku@const-ic.com
--------------------------------------------------------------
当協議会では、別途有償にて個別社内研修や技術提案書の事前・事後添削などのご要望に対して
サービスも行っております。 → 個別添削・個別研修で実力UPする企業多数!!
各種サービスの料金表もございますので、詳細を知りたい・料金表送信希望の場合は下記電話番号もしくはメールアドレスまでお気軽にお問合せください。
電 話:03-6869-0586
メール:info@const-ic.com

注意事項

※1.研修の日程・内容などは予告なく変更する場合があります。
※2.開催実施最低人員数に満たない場合は中止する場合があります。
(お振込みいただいた受講料は、入金額を限度として返金いたします)
(振込手数料は返金対象外となりますので予めご了承ください)
※セミナー受講料振込後の参加キャンセルの場合、受講料の返金は出来ませんのでご了承ください。
【その他】
お申込み完了後あるいはセミナー当日の受講者変更は可能です。
(必ずセミナー開催日前日までに電話かメールにて、変更後の方の「氏名(ふりがな共)」と「所属会員団体名」及びその「CPD(S)会員番号」をご連絡ください)

電話 03-6869-0586

メール sougoujuku@const-ic.com
お申込み方法
「受講お申込みはこちら」をクリックして、お申込みフォームから必要事項をご入力の上お申込みください。
1.お申込み後、確認メールを自動送信いたします。
(複数名でお申込みいただいた場合は、各受講者メールアドレスに送信いたします)
(申込管理者氏名とメールアドレスも別途入力いただいた場合は、申込管理者様にも同じメールを送信いたします)
内容・受講料金額を確認いただき、メール記載の指定銀行口座にセミナー開催日の2日前までに受講料をお振込みください。
*受講料振込時の注意事項については、必ず振込依頼メール記載の文章をご確認ください。
2.振込確認後、各受講者メールアドレスに振込確認兼案内メールを送信いたします。
(申込管理者氏名とメールアドレスも別途ご入力いただいた場合は、申込管理者様にも同じメールを送信いたします)
振込確認兼ご案内メールにセミナー当日の資料データとZOOM入室URLを記載しています。
3.セミナー開催日前に、振込完了者全員にセミナー開催確認メールを別途お送りいたします。
このページのトップへ
プライバシーポリシー